⇒ オンラインショップはこちら
            ⇒ 当店ホームページはこちら  

CLEDRANクレドランS5615 ADORE パラフィンショルダー

●ベージュ 1sz  再入荷待ち
2011011631.jpg
2010071135.jpg
2011070901.jpg
2011011632.jpg
2010021409.jpg

●グリーン 1sz  
2011011634.jpg
2010062503.jpg
2011070902.jpg
2011011635.jpg
2010042004.jpg

●ブラウン   1sz
2011073011.jpg
2011073012.jpg
2011073013.jpg
2011073014.jpg

●ネイビー   1sz  
2011030501.jpg
2011072551.jpg
2011030502.jpg
2011070903.jpg
2011030503.jpg
2011030504.jpg

●ナチュラル  1sz  お取り寄せ
*生成りキャンバスは少なからず黒い点々が見られます。
  これは綿花の殻が残った物ですので素材の風合いとしてご了承くださいませ。
2010052811.jpg
2010052812.jpg
2010052813.jpg
2010052814.jpg

【詳細】
CLEDRAN(クレドラン)  cle(鍵) cadran(文字盤) 
シンプルベーシックながらもどこか『愛着』の持てるデザイン。
各所に上質な素材を使い長く愛用できるアイテムが揃っています。
ファッション誌『2nd』『FUDGE』などの掲載もあり
メンズ、レディースともに人気が広がっています。

こちらは発売以来、多くの支持を頂いているクレドランのベストセラーアイテム。
日常使いやすい大きさで店頭でも大人気です。

意外と探すと見つからないのが
しっかりとした作りのキャンバスのショルダーバッグ。
そんな声に応えて登場したのがこちらのバッグです。

素材はパラフィン加工(ロウ引き)の厚手のキャンバス素材。
防水性があり水が浸透しにくいので汚れが付きにくいです。
かなりしっかりとした素材ですので中身が無くても
写真のようなシルエットを保っております。

また各所に頑丈な厚手のレザーを使い、
ストラップはクレドランのマーク入りのリベットで留められております。
もちろんストラップはバックルで長さ調節可能ですので斜め掛けもOK。

本体両サイドのベルトはバックルで調節することで
底を持ち上げてシルエットに変化をもたせることも出来ますよ。

全体はファスナー開閉で中にはオープンポケット。
マチが深いので十分な容量を期待できます。
ファスナーの革のドローコードもポイント。

実際に使ってみると少したわむ感じがお洒落で
ナチュラルな色合いも着こなしを選ばず◎

中央にはブランドマークの入ったレザータグが付きます。
本体やレザー、裏地などの色合せのセンスはクレドランならでは。
シンプルですがさり気ない存在感もありオススメです。

MADE IN JAPAN

*クレドラン保存袋付き。
*製作段階での若干の小傷や汚れがある場合がございます。
*キャンバスには少なからずネップがある場合がございます。
*パラフィン素材は製作工程上のシワ感や
  素材に染み込んだロウが擦れて白っぽくなった部分がございます。
  その場合にアイロンを低温で当てる事で
  ロウが素材に馴染みシワ感や白っぽさは改善されます。
*リベットには若干の擦り跡や滲みが見られる場合がございます。

【サイズ】 1sz
実測:タテ19.0 ヨコ(開口部)31.0 マチ12.0 ストラップ調節可能

*デザイン上、目安としてご参考下さいませ。

【希望小売価格】
11550円(本体11000円)

*画像は転用させて頂いておりますので柄等の製品差は予めご了承ください。
*画像の色は撮影時の光加減、モニター性能差で実際と差がある場合がございます。

AcousticLounge TEL&FAX:076-491-6457 
〒939-8006 富山県富山市山室256-4 SKビル1F
 水曜日定休(臨時休業は⇒INFORMATIONでご確認願います。)
 営業時間12:00~18:00


⇒ オンラインショップはこちら

2011,03,05 17:38Edit
トラックバック
トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
QRコード

20070812134047.jpg

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

AcousticLounge

Author:AcousticLounge

リンク
RSSフィード